物忘れ 対策

物忘れ対策問題は思ったより根が深い

あらもしてかして認知症?物忘れ対策を考えてみました。

物忘れに効果的な対策とは?

読了までの目安時間:約 3分

程度の差こそあれ、物忘れというものは恐らく誰もが経験することでしょう。しかし、その程度があまりにひどいと自分自身も困りますし、周囲の人にも迷惑をかけることになってしまいます。そこで、物忘れに悩む

人は、自分の物忘れの原因を知って、是非とも効果的な対策を講じるようにしたいものです。

 

 

一般に、物忘れの原因としては、非常に多くの事柄が関係していると言われています。例えば、老化やそそっかしい性格などもその原因となり得ます。その他にも、ストレス、または多動性障害と呼ばれる発達障害が関係していることもあります。

 

 

このように、一言で物忘れと言っても、実にさまざまな原因があるため、それに応じた対策を見つけることが必要でしょう。まず基本的に言って、効果的な対策の一つは、こまめにメモを取ることであると言われています。

 

 

 

例えば、仕事中にせよプライベートにせよ、誰かから何かを頼まれたり何かを聞いたりしたなら、忘れてしまう前にすぐメモします。多くの人が実感しているように、実際に自分の手で書くことによって、それだけ記憶にとどめやすくなるものです。それで、いつでもメモできるよう、紙とペンを常時持ち歩くようにしましょう。もちろん、書き留めたメモをなくしてしまわないよう、ポケットや財布などに入れるといった習慣を身に着けるようにしましょう。こうした事柄を習慣化してしまえば、後々楽になります。

 

 

また場合によっては、単なる物忘れが多いということではなく、何らかの病気が関係していることもあります。それで、自分には何の自覚もないのに周囲の人から指摘されるような場合は、念のために物忘れ外来を受診してみることが勧められています。発達障害や認知症から物忘れが激しくなっている場合もあるからです。加えて、診療の結果、思わぬ病気が発見されるということさえあります。診断の結果によっては、引き続き診療を受けたり、医師の処方する薬を飲むことが必要になることでしょう。

カテゴリー
最近の投稿